こんちは〜!画家プロデューサーのジンジンです!

画家ZiNをプロデュースする仕事をし始めてからかれこれ4年以上が経過しました〜!ZiNが順調な画家生活を送れているのも皆さんのおかげですね〜!ありがとうございます!

 

画家プロデューサーという職業をしているからか僕のところには数多くの画家を目指している人や絵で生活していきたいと願う人が集まって来るようになってきました。

 

そしてその人達からこれまで1万通以上の相談にのって来たんですけど…そこで皆さんに伝えたい事があります。

 

皆焦りすぎじゃない?

 

だって画家の仕事ってスポーツみたいに年齢適齢期もないし、何歳からでも目指せる職業なんですよ?

こんな職業他にないんですよ〜!でも親が美大や芸大の学費を出してくれないから諦めるだとか、30歳になったら諦めるだとか、結婚するから辞めるだとか、早く稼ぎたいだとか色々意見をもらえるんですけど…

 

「〇〇だから辞める、諦める」って何でそうなるの?っと思ってしまいます。

 

好きなら独学でも良いから続けたら良いのに…

(好きじゃないなら辞めれば良いけど)

 

ゴルフでもダイビングでもゲームでも好きなら結婚しようが、就職しようが、続けますよね?

 

でも画家(絵を描く)にいたっては諦めるという発想に繋がる人もいます。この発想を持つという事はもうここに画家になれない原因があるんですよね。

 

 

それはズバリ

 

「稼ぎたい!買って欲しい!」と思いすぎ!

 

まぁ確かに生活する上でお金は切っても切り離せないものですけど、「稼いでやる!」っと思いすぎるとその欲望が買う側の人に伝わってしまうんですよね〜!

 

例えば、
最近はあまり無いかもしれませんが洋服で店員がめちゃくちゃ話しかけてきて色々勧めてきたらうっとおしくて買う気無くなりますよね?(まぁこれは人によるのかもしれないけど)
それと同じなんですよ!
それよりもまず人との繋がりを強化して信頼を得るところを考えた方が絶対に良いですよ〜!
「この人の絵だから買いたい!」っと思ってもらえるようになればその後の繋がりも続きますし結果がよければリピーターにもなりますからね^^
僕は飲み友達が増えたり、沖縄に遊びに来てくれる人が増えればそれでいいと考えています^^

 

画家なんてそんなに簡単になれるものではなく、絵で生活するには画力はもちろん必要ですが他にもマーケティングだとかプロデュース能力だとか販売スキルだとか個人でやる場合は学ぶ事が沢山あるんですよね。

 

 

でもこれも「お金を稼いでやる!」っと思いすぎると上手くいかない時期に焦り始めます。

 

なぜなら目的が「絵を描いて楽しむ」から「お金を稼ぐ」に変換されているからです。

そしてこれが原因で焦り始めると悪循環の始まりです。

 

 

そして気持ちだけが焦って結果が出ない時期をずっと続けてしまうと諦める発想に繋がるわけですね〜!

 

 

なので絶対に焦ってはいけないんですよね!

 

お金を稼ごうと思いすぎると焦りを生みます。

そして焦りは全ての負の引き金になります。

 

 

っという事で大切なのは先ほども話した通り

まず人と人との繋がりを大切にしてあなたの周りにいる人を大切にしましょう!

 

それが次に繋がりますので。

 

 

あと芸大や美大の学費を親が出してくれないから諦めるというのはもう考えが甘すぎるのかな〜っと思います。その程度で諦めるなら美大や芸大に行っても何も変わらないですからね〜!

 

貧乏生活はしておいた方が良いですよ。貧乏ってネガティブなイメージしかないけど実はとらえ方によっては良い事でもありますからね。

 

まぁその貧乏時代を利用しようと努力するか貧乏な生活のまま終わるかは本人次第です。

 

 

僕は地獄の貧乏生活も弟が違う世界に旅立った事も旅先で強盗にあった事も死にかけた事も全てを武器にしてここまで来ました。

焦るとこれらを利用するという発想自体も生まれずにいつまで経っても同じ位置にいたでしょうからね〜!焦ると本当に良い事ないです。

 

 

焦る気持ちもわかりますが、まずは一つ一つ武器を整えていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事