【絵の売り方】Twitterで絵画販売したらどれだけ売れるのか?結果報告!!

こんちは〜!!ジンジンです!!

 

この間、3日間限定でTwitterオンライン絵画販売をしました。

 

 

今回の記事では

ネットだけを活用した絵の販売で、どれほど売れたのか?

その結果報告となりますね〜!

 

 

ちなみに開始する前の僕の予想では「3日間で100万円越えれば成功かな〜」っと思っていたんですよ。

 

オンラインでも100万くらいなら確実に売れる戦略をとっていたので。

 

 

ただ、大きく予想を上回る結果となりました。

 

開始4時間で100万超えました。

自分でもびっくりしたのですが、開始4時間で絵の売り上げ100万を超えました。

一番大きかったのがこちらの作品ですね。(68万円)

 

僕のZiNART STORE(ECサイト)では最安値が今は2万5千円〜5万円程度の比較的安めのミニ原画を中心に販売しているのですが、この作品はサイズはB1(1030×728)と結構大きめだったのでこの値段設定になっています。

 

他の作品も先行予約の時点でも予約が殺到していました。

この結果、4時間という短時間で100万を超えることとなりました〜!!

 

すでに売れてしまった作品のオーダープランも追加

初日から爆発的な売れ行きを記録していたので、後でサイトに訪問して頂いた多くの方から「欲しい商品が売れていた」っという報告がたくさん寄せられました!

 

なのですでに売れてしまった作品のオーダーも受け付けている事をお伝えしました。

 

この施策が功を奏したのか、すでにSOUL OUTになった作品のオーダーを頂くようになりました。

 

3日間で何枚売れたのか?

3日間、オンラインだけで売れた枚数は以下。

 

 

38作品とプラスオーダーで8点!!

 

売り上げはあまりここでは言いたくないのですが、最終的に計算すると

3日間で300超え!!

 

たった3日間でですよ!

この結果には自分でもビックリしましたね〜^^

 

一般的に考えてもものすごい結果を叩き出しました。オンラインで3日間でこれだけ売れた人はそうそういないんじゃないでしょうか?(僕以上に売れている人は知ってるけど)

なぜこんな結果が出たのか?

なぜこれほどまで結果を出せたのか気になる人も多いかと思います。

 

 

詳しい内容は学べるアートマガジンの方で話していくので、ここでは割愛しますが、簡単に言えば、

半年以上前から絶対に売れる戦略を練っていた。

 

っという事ですね。

 

絵のジャンル、ターゲット層、値段設定、営業、Twitterでのファン集客、ECサイト、セルフプロモーションなどなど…

 

ありとあらゆる事を徹底的に勉強しながら行動してきた結果が出たわけです。

 

 今回の3日間限定のTwitterオンライン販売で実行してきた戦略の事細かな詳細学べるアートマガジンでまとめて詳しくお伝えするので気になる人は登録してください^^

 

僕の絵画はほぼ毎日売れていく。

もちろん今回のオンライン販売だけでなく、普段からほぼ毎日と言っていいほど絵が売れていきます。

※以下ツイートはオンライン販売を終えた次の月の売れていった作品の一部

 

新しく描いたとしてもすぐに売れていくので、在庫がすぐになくなる状態です。

 

もちろん、この3日間のTwitterオンライン販売をした月もかなり売れていきました。

 

なので月間(4月)の売り上げトータルで過去最高を記録しました。

※ちなみにこの次の月(5月)も同じ結果が出ました。

 

 

なぜこれほど安定的に売れるのかは僕のマガジンを読めばなんとなくわかると思います。

 

今現在、絵の売り上げが立たなくて困っているという方の役には立てると思うので是非^^

 

「絵の売り方を教える人」の絵は実際は売れていない。

僕は普段からマガジン内でしか絵の販売はしてきませんでした。

 

なので外の世界(マガジン以外という事)では実際に絵が売れているっという報告はあまりしてこなかったんですよね。

 

それではなぜ今回はこのような形で販売しようと思ったのか?

 

 

実はずっと前から思っていた事なのですが、

 

「絵の売り方」を教える人が急増したんですよね。(これは僕のせいでもありますけど)

 

 

それの何が問題なのか?っと言うと…

絵の売り方を教えている人の絵は実際に売れていなくて、売れていたとしても生活できるレベルまで売れていない。

っと言うところですね。

 

 

実際、いまこの記事を見ている人の中で「絵の売り方」を教わってる人。

 

 

よく考えてみてください。

 

 

その先生(講師)は月に何枚売れているか把握してますか?

 

 

3ヶ月や4ヶ月ではなく、毎月の売り上げです。

 

 

1作品25万程度なら1ヶ月(毎月)に1枚でも売れれば十分でしょう。

 

1作品50万程度なら2ヶ月毎に売れても十分です。

 

その先生(講師)は本当にこれだけ売れてますか?

 

その売り上げがない人はほぼほぼ間違いなく「絵じゃなくてコンテンツ売り上げ先生」です。

 

どう言うことかと言うと、流れ的にはこんな感じです。

  1. 「絵の売り方を教えます!」っと言って集客する。
  2. 絵の売り方のスクールに入ってもらう。
  3. 収入になる。
  4. 絵が売れなくても生活できる。

 

大抵の人はこうしたコンテンツを販売して生活しています。

 

 

こういう人はどこの業界にもいますからね〜。

 

例えば

ビジネス系、プログラミング系、投資系、などなど。

 

そして絵の業界でもっとも多いのがイラストレーター系です。

 

 

これ自体は全然いいとは思うんですよ。

 

 

思うんですけど…

 

 

僕はこの人たちと同類だと思われたくなかったんですよね。

 

 

一種のプライドですね。

 

 

なので、

「僕は絵の売り上げだけでも全然食べていけてるぞ!!」っという事を公の場で証明する必要があったわけです。

 

 

 

だから、今回のような外の世界(マガジン以外)で、

マガジン登録者以外の誰でも購入できるような形でオンライン販売をすることにしたんですよ。(証明するために)

 

 

 

まぁ、単純に楽しそうでもあったし、本気出したら僕はどれだけのびるのかを見たかったっというのもありますけどね^^

 

まとめ

今回は見事に大成功したネット上での販売の結果報告になりました。

 

今この記事を書いている瞬間も売れています^^(証拠は僕の販売サイト見てたらわかります)

 

今回は報告だけになりましたが、学べるアートマガジン内で3日間のTwitterオンライン販売戦略の詳細を事細かにお伝えしていきます〜!!!

 

今まだ執筆中なのでちょっと時間がかかるかもしれませんが^^;

 

僕がオンライン販売で結果を出すためにした事や、作品の売り方など全部無料でぶっちゃけるので興味のある方は今のうちに学べるアートマガジンに登録しておいてくださいね〜!!

 

それでは今日はこの辺で!!

 

絵を仕事にする。アートで人を魅了する。それがあなたの夢ならば、まずはジンジンに相談してみてください。必ず答えが見つかります。

 

 ZINARTマガジン(旧)からLINEで届く「学べるアートマガジン」に移行しました。さらに内容が濃くなっているのでLINE無料登録して濃厚すぎる情報を受け取ってください!!^^