外国人にオンラインで絵の販売をする流れ

こんばんは〜!ジンジンです!!

 

ここでは僕が現在も行なっている外国人への販売方法を話しますね^^

 

僕は外国人を相手にする方が絵が売れる可能性が高くなると思っています。

 

なので皆さんも海外の人を恐れずに今回の方法でどんどんチャレンジしてみてください!

まずどこで外国人と出会う事ができるのか?

まず

「外国人とどこで出会えるのか?」

っというところから説明していきますね^^

 

 

結論から言うと…

 

海外のライブペイントでの直の営業とインスタグラムでの営業です。

 

 先に話しておきますが、今絵で生活している人で営業していない人なんて1人もいません。見えないところで動いているわけですね〜!!

 

 

僕は約5年間、海外を旅しながら画家ZiNとして活動していました^^

 

その時に出会った人たちとの繋がりがあって口コミでも沢山依頼を頂けます。

 

 

ライブペイントとインスタのどちらが購買率が高いかと言うと、もちろん余裕でライブペイントの方が購買率が高いです。

 

 

なぜならライブペイントなら直接顔を見て話すと

  • どんな絵を描いているのか?
  • どんな活動をしているのか?
  • どんな人間性なのか?

    ここを数分話しただけで何となく把握できて安心するからです^^

     

     

    あとインスタですが僕はインスタを外国人への営業をする専用のツールとして使っています。

     

    ただし、営業と言っても僕の場合は商品を売り込むという事は一切しません。(もちろんライブペイントでも同じ)

     

    売り込み目的からのコミュニケーションを初めてしまえば外国人にしろ日本人にしろ

    外国人A
    あ…絵買って欲しいだけか…

    っとなってしまってそれで関係性が終わってしまいます。

     

     

    なので売り込むっと言う考えや、絵を売るっといった思考は完全に捨ててください。

     

     

     

    っで、何をするのかと言うとめっちゃ単純です。

     

    インスタで何をするのか?

     

    相手の写真を「いいね」をしたり、コメントを残すとこちらのプロフィールに飛んでくれて、そこから僕のアカウント投稿をみてくれます。

     

    そこで興味のある人は僕の作品にコメントしたり、良いねをつけたりしてくれます。そうしてフォローされるようになります。

     

    フォローされればそこからDMでお礼を言ってコミュニケーションと言う営業をかけていきます。

    とにかく、そこからまずは交流して仲良くなる事だけを考える方がいいですよ^^ (フォローされなくてもコメントを残してくれた人にはDMを送っても返信してくれる事も多いです。)

    ただこれは英語での対応をしなければけません…

     

    が!!

    英語って、実は文章だけなら2週間あれば普通にコミュニケーションをとれるくらいにまではなれます。

    これマジです。

     

     

    実際僕は英語を全く話せない状態で海外に出たのですが、メールだけなら2週間くらいで連絡を取り合えるようになりましたからね。(ちなみに僕は学生時代英語のテストほぼ0点でした^^;)

     

     

     

    あとインスタの場合他にも色々と設定するべき事や写真(絵)のクオリティーや導線の作り方などがあります。

     

     これらの方法はセルフプロモーションとも関連してきて話しだすとキリがないので学べるアートスクールの授業で詳しく説明していきます。

     

     

     

    とにかく、こうして海外の人と交流する機会を増やしているから海外の人との繋がりが増えていくんですよね。

     

    そして続いてある程度交流して信頼関係が出来てからの工程に入ります。

     

    英語の商品販売参考ページを一つ用意しておく。

    まずこちらのページを先に見てください↓

     

    少し前までは、直接のメールで値段を伝えたり、サイズを伝えてもらったりしてやりとりしていまいした。

     

    その工程が面倒になったので値段参考ページとしてこのようなページを作りました。

     

     

    こうして基本的な値段とサイズを伝えておく事で、あとは「サイズが半分になるとこの値段の半分になる」っといった感じで簡単に伝える事ができるようになりましたね^^

     

     完全なる全てのサイズの販売説明ページを作るとコミュニケーションの回数が減ってしまうので全てのサイズの値段を掲載したページは作らなくても良いかなと思います。大切なのはコミュニケーションなので。

     

     

    ただし、ある程度仲良くなった!っと思っても相手側はどう思っているのかわかりません。

     

     

     

    そこで急にこのページを送ってしまうと、相手は「売り込みにきたー!!!!」っと感じてしまう可能性があるので、会話の中で自然とこのページを提示するような流れを作っていく必要があります…

     

    っと言うより外国人の人って興味を持ってもらえれば比較的向こうから色々このページに繋がる言葉を言ってきてくれるんですよね。

     

     

     

    なのでこれには正解と言うものはありません。どんどんコミュニケーションをとってみてください。

     

     

     

    ちなみに僕は

    ありがとう!他にも沢山絵描いてて今は沖縄の自分のギャラリーで複製画を販売したり絵画教室をしたりして子供と妻と3人でのんびり暮らしています^^ 海外でもライブペイントして活動しているので機会があれば世界のどこかでお会いしましょう!^^ これからも新作描いていくのでチェックよろしくね!!^^ 沖縄にくる事があれば是非連絡ください!!(英語で)

    っと言ってからのZiN絵画専用アカウントのリンクを教えます。

     

    そうすると大抵何かしら質問してきます。

    「この作品は売しているの?」

    だとか

    「あなたの絵凄いね!」

    だとか

    「どのくらいのサイズなの?」

    だとか

     

    販売ページを見せても良いと思える相手のパスがあれば、すぐに販売ページのリンクを送ります。

     

     

    こうしてやりとりを深くして言って販売まで繋げるわけですね。

     

     

    もちろんこんな回りくどい流れよりも直接「売って欲しい」と連絡がくる事もありますけどね^^

    複製画を販売する理由

    「なぜ原画ではなく複製画を中心に販売しているのか?」

    っとよく質問されます。

     

     

    これは理由はもうめっちゃ単純で、原画を販売しすぎると個展だとかギャラリーに展示する作品がなくなってしまうからなんですよね〜!!!

     っとは言ってますけど、原画をどうしても売って欲しいと言われる事が増えたので今現在、手元に原画ほとんど残っていません。^^; 僕の絵のアルバムにある作品のほとんどは売れてしまっています。

     

    あと複製画の方が原画よりも安いのでお客さんが購入しやすいという利点もありますね^^

     

     

    そして依頼があった時はジークレー複製画印刷会社に注文して、そのままお客さんのご自宅に届くようにしているので家から出る事なく全ての工程を終える事ができるのでかなり楽です。

     

    外国人は絵を購入しやすい。

    外国人って日本人とは違ってその絵が気に入れば、誰が描いていようと買ってくれるんですよね〜!なので僕的には海外で活動した方が絵で生きやすいと思います。

     

    実際、僕が海外で絵を描いて生活できたのも外国人がアートと身近にある環境で育ってきた感性があるからこそなんですよね。

     日本人はブランド物を好む傾向にあるのでどんな絵なのか?よりもどこの誰が描いたのか?この絵を描いた人はどれだけの人物なのか?どんな人生を歩んできたのか?など絵そのものよりもその絵を描いた人の方が重要である傾向にあります。

     

    なのでインスタでも絵が気に入れば気軽に買いたいんだけどっと連絡がきますよ!

     

     

    アートが身近にある感覚って日本人にはないので羨ましいですね^^

     

     

    今回は簡単に説明しましたが、とにかく一番大切なのは外国人とコミュニケーションをとる事なんですよ!

     

    「なんだ、それだけか」

     

    っと思った人も多いと思います。

     

     

     

    ただ、これを実行に移す人はほとんどいません。

     

     

     

    成功する人は自分から営業をかけていると言う事実があるのに、今悩んでいる人は「そうか〜」っと思うだけで行動しない人がほとんどです。

     

    なのでアート活動を今よりもさらに前進させるには、とにかく行動するしかないわけです!!

     

     

    行動している人に人はついてくるようになりますからね!^^

     

     

    絵を描いてSNSで発信してるだけだと何も始まりません。

     

     

    自ら行動していきましょう!!!^^

    っと言う事で今回のまとめ

    外国人への絵画販売まとめ
    海外ライブペイントかインスタでコミュニケーションをとる。
    (海外ではそのまま直で色々と話してインスタのURLを残した名刺を渡すか、その場でアカウントを聞いてフォローする。インスタはイイねしたりコメントしたりDMで連絡を取り合ったりする)

    自然な流れで販売ページを見せる。

    その後は相手の要望やサイズなどを聞いて購入に繋げていく。

    ざっくりですがこんな流れですね!

    (他にも沢山戦略がありますが学校の授業でその人にあった方法と言うものを一緒に考えて教えていきます。これはあくまでも僕の方法であって、これに正解はないので。)

    おまけ

    僕の場合、日本人との絵画販売のやりとりは直接連絡をとりあえるメルマガやLINE公式アカウントを設定してます^^

     

     

    外国人と日本人の導線の違いを簡単に説明するとこんな感じです。

    外国人の導線
    インスタの(コメントかイイね)→DMでのコミュニケーション→販売ページのURL→商品販売依頼→郵送(郵送料があるため日本よりも割高)
    日本人の導線
    ブログやTwitterやたまに広告→メルマガ登録(自動)→ファン化、セルフプロモーション(自動)→メールで絵画販売のやりとり(直接)→複製画発注(もくは原画作成)→郵送

     

    ただこの日本人の導線の場合は人それぞれブログのキャラ設定や世界感や何を配信しているかで変わってくるので100%正解というものがないんですよね~!

     

     

    何事もそうですけどまずは自分で色々試してみて自分の形と言うものを発見していきましょう!!もちろん僕の方法も試してみて欲しいと思います。

     

    まぁ実践済みなので僕の方法は正解である可能性はかなり高いですけどね^^

     

    でもやっぱり自分のやり方を試しながら見つけていくって工程はかなり大切だと思います。

     

    思考を常に停止させずに考える癖をつけていれば必ず自分だけの方法というものを発見する事ができますからね。

     

     

    そして、なおかつファンとの良い関係性を築く事ができれば完璧ですよ!

     

     

    ブログで集客して信頼関係を結べば個展やイベントなども自分発信で多くの人を集める事ができるようになりますからね^^

     

     

    これからも思考を停止させずにとにかく行動していきましょう!!

    5秒で終わる質問

    ※しっかり読んでくださる方にだけマガジンを送りたいので、質問に回答がない方はマガジン配信を停止する可能性があります。

    LINEにそのまま返信する形でも問題なく僕に届きますのでお気軽にご連絡ください。

     

    質問

    この先に海外活動で考えているプランがあれば教えてください。

    ※LINE名を入れるのが面倒な方は直接LINEに返信ください。

     

      (追記)外国人にオンラインで絵を販売する新しい方法

      今ちょっとオンラインで外国人に絵を販売する新しい方法をテストして試しているのですが、これでさらに外国人の購入者が増えそうです^^

       

      具体的な方法はテストが成功して完璧な戦略が整ったらお伝えしようかと思います。