絵で稼ぐ方法を知っておけば大不況も乗り越えれる話。

今回はアーティストに特化したこれから来るであろう大不況の乗り越え方という話をしますね。

 

大不況がきても今から準備しておけば絵かきさんだったりアーティストだったり何かクリエイティブな事をしている人はかなり有利になるんですよね〜!まぁこれはあとでその根拠を説明します。

 

とにかく今準備しておいた方がいいですよ。本当に。

大不況は確実に来ますからね。

 

 

2019年10月の増税からのパンデミックからのオリンピック後の景気後退…この3ん連打はヤバイですよ本当にやばかったですね。実際増税された10月の僕の売り上げもガクンっと下がりました…

 

が!!!

また順調に売り上げが戻ってきました。

増税しても消費者の消費率って大抵その後緩やかに戻って来るんですよね〜!オリンピック後も景気は悪くなるんですけど消費率は緩やかに戻って来るんですよ。元どおりってわけではないですけどね。

 

ただ2020年1月くらいから流行し始めたパンデミックのような事が起こる時はかなりヤバいですよ。実際、観光業や飲食店なんかは大打撃でしたからね。

 

 

ただそんな状況でも僕の売り上げは逆に伸びています。

 

 

これも後でなぜ上がっているのかは説明しますね〜!!

 

とにかく、今後、本当に経済的にヤバイ状態に入る前だからこそ今準備出来る事もありますよって事をお伝えできればなと思います。「ネガティブな事言うな!」っと言われるかもしれませんけど綺麗事言っても仕方ないのでまずは事実を受け止めてそれに対処して行けば大丈夫ですからね。

真実を見抜く!デマに流されるな!

パンデミック事件が起きるとネット上で嘘の情報が流れたり、詐欺師が増えたりしてきます。

 

トイレットペーパーがなくなる!!

だとかとか

オムツなくなる!!

 

というネット上のデマ情報に流されて大量買いする人が続出しましたよね〜。

 

 

 

正直この光景って怖いな〜って思いますね。

だってこういう状態になったら思いやりとか、おもてなし、という心を忘れて

迷惑客
他人はどうでも良い。我先に!

 

ってなる事がわかったじゃないですか。

 

 

 

ドラッグストアの店員さんも「トイレットペーパーないのか?」「マスクはないのか?」って聞かれて「ないです」っと答えると罵声を浴びせるお客さんなんかもいたようでかなりストレスで参ってるって話もありますからね〜。

 

 

情報を鵜呑みにするとこんな怖い事になるんですよ。

 

 

ネットの情報なんてほとんど嘘ですよ?(本当もありますけどね)それでもそれを信じて「そうなんだ〜じゃあ早く買わないと〜」っと買い占めに出かけてネットの情報に流される人が未だにこんなにいるんだ〜っと思いましたね。

 

真実を見抜く力を一人一人が持っていれば情報に流されずにこんな事にはならないんですよね。

 

本当の情報なのかそうでないのかを自分の力で判断してそれに向けて冷静に物事を捉えて世界がどう動いて行くのかを見ないといけないですよね〜!!

個人で稼ぐ力を身につける事。

これはインフルエンサーとか成功者とかも昔から口すっぱくして言っている事で当たり前になっているんですけど、それでも動こうとしない人が多いんですよね。

 

なのであえて言いますけど本当に今から準備しないとヤバイですよ。恐怖を煽るとかじゃなくてただ準備しましょう。まだ間に合いますって事を言いたいわけです。

っでその中でもやっぱり僕はアート関連やクリエイティブな事をしている人ってかなり需要があって今準備すればこの大不況の中でもかなり強いと思うんですよね。

 

 

っでこの話をするとね〜「結局お金か」とか「お金稼ぐとかいやらしい」とか言ってくる人もいるんですけど、お金稼ぐ事が悪い事。みたいな風潮が日本にはあるんですよね。

 

お金って生活する上で必要なんですよ。絶対に。実際こういった批判をしてくる人もお金で生活してますからね。ここまで言っても行動しないって危機管理能力が全然ないのかな〜っと思います。平和ボケした日本で育ったから仕方ないのかもしれないですけどそろそろ気づいた方がいいですよね〜。

 

 

パンデミック事件で日本の株価大暴落してこれから大不況が来るのは確実ですし、そこに気づけてない人は本当に準備した方がいいです。

 

「自分は会社員だから大丈夫〜!」っと思っている人でも会社員も今までは国が会社を支えて会社が従業員を支えて成り立ってたわけですけど、もう日本も切羽詰まってますからね。近頃もう無理だっとなってきてる傾向にありますよね。

だから45歳でリストラとかいうキーワードが今上昇してるじゃないですか。これは嘘か本当かは置いといて事実実際切られている知り合いとかもいてるんですよね。今までは長年働いてくれてたからとか人情の日本みたいな感じだったんですけど会社側もそうも言ってられないくらいに追い詰められてきてるわけですよ。

 

なので今からは絶対に個人で稼ぐ力も身につけた方がいいですね。

 

まず

どうやってこれからくる大不況を乗り切っていくのか?

どうやって稼ぐ力を身につけるのか?

っと言うとまず発想を広くとってからの方がいいですね。

 

 

 

絵描きさんって絵を売って稼ぐっと思っている人も多いじゃないですか?

そうじゃなくてもっと発想を柔軟にした方が良いですよね。

僕は以前こんなツイートをしたんですけど

そうなんですよ。

 

絵かきだから絵だけで稼ぐと言う固定概念を払拭しないとこれから大変になってくるんですよね。

ただでさえ絵で生きていくって大変なのに今度大不況がきたらさらに大変になるんですよね。

 

なので皆さんそろそろお金を稼ぐという事も慣れましょうよ。

 

 

固定概念を払拭しましょう。

 

「これはバイトでも何でも良いから稼げ!」って言ってるわけじゃなくて僕は今のこの状況になってるからこそ一つの事に固執しないでいろんな可能性のあるものに挑戦してみて欲しいなって思うんですよ。

 

 

 

でもねプライドが高い絵描きさんほど「絵だけで食べていく!」みたい考え方してるんですよね。今本業を画家としている人ほど他の事にも挑戦しているっと言う事実を受け入れた方が良いんですけどそれもできないんですよ。これこそ固定概念ですよね。

 

必要ないプライドを持ってても視野が狭くなるだけなんで意味がないんですよね。

 

なのでとりあえずプライドは捨てましょう。

 

そして、ここから先が一番伝えたかった事。

絵描きさんは有利な立場にいる事を自覚しよう

大不況がきても今から準備しておけばクリエイティブな事をしている人ほど有利な立場になると僕は思っています。

 

僕の場合は画家ZiNの絵をネットを通じて販売したり、オンライン絵画教室をして生計を立てているんですけど、増税された時は多少影響ありましたけどパンデミック騒動の時でもほぼほぼ影響がなかったですね。

っと言うかむしろ売り上げが上がっているんですよね。

ただ確かにZINARTギャラリーに来るお客さんからの予約もキャンセルが続いてました。

でもそん中でもオンライン絵画教室ZiNARTの参加者さんは増加しています。さらに絵画発注の依頼も増えてきてます。まぁこれは僕がこの大不況が来ると思ってからかなり準備してきたのもありますけどね。

これって全部ネットを通じて仕事を完結しているからです。

 

こんな緊急事態の時はネット媒体を基盤に仕事を構築している人ってかなり強いですよね!ブロガーとかプログラミング系の人はあまり影響受けてないみたいですからね 。

これって皆感染を恐れて土日も外に出れない状況になって家で引きこもって何かするしかない状況が続いているからだと思います。

 

なので今はとにかくネット媒体の強化に勤めてます。これはもちろん日本国内だけでなく海外にも発信してます。

 

 

これがもしも沖縄ZINARTギャラリーだけで生計を立てていたら超大打撃だったでしょうね。

沖縄ZiNARTギャラリーは予約制で別にそこで商品販売をしているわけではないのでそこまで打撃は受けてないんですよね。むしろ動画撮影できる時間も増えてそれをネットで発信してネット上で集客してコンタクトをとって商品販売まで繋げているので何の痛手もないわけですよね。

 

本当にネット環境フル活用していてよかったなと思います。

 

それに極端な話、自分がもしも今突然死んだとしてもオンライン絵画教室が有る限り収益は生み続けますからね。

 

なぜなら自動化しているからです。

オンライン絵画教室を自動化する事によって僕がもしも不慮の事故で死んでしまった後でも残された嫁と子供にも十分な収益が入るので安心なんですよね〜!これはアーティストの特権だと思います。

 

例えば今流行りの「ツイッターのフォロワーを1万人まで増やした方法!!」だとか「ブログ、アフェリエイトで稼ぐ方法」だとかいうコンテンツを販売している人って世の中に沢山いますよね?でもそれってツイッターもブログも親会社がいて成り立っていて、もしもその親会社が方針を変えればその都度そのコンテンツ販売の内容を変更しないといけないわけです。

 

 

最近でもgoogleさんがアゴアズムを大幅に変えてSEOの変化もこれまでなんどもありましたからね〜。なのでこういった変更される余地のあるコンテンツ販売なんかは死んだ後には役に立たなくなるものがあるんですよ。(本人が生きていれば臨機応変に変更できるので役に立つけど)

 

 

その点、僕のようなオンライン絵画教室なんかは自分自身が生み出したコンテンツで第三者からも変更を加える事のできないものなのでしかも自動化しているので僕が死んだ後も稼ぎ続けるわけです。

 

例えばダビンチがオンライン絵画教室なんかを運営していたとしたら今の時代でもその手法を学びたいと思う人は山のようにいると思うんですよ。まぁその時代にインターネットがないので不可能ですけどね!

なのでアート系を自分の媒体でで教えるって普通の人よりかは超強い需要をもつコンテンツなわけですよ。

 

なので皆さんこの大不況に備えてネットやSNS関連の媒体を何か一つでも良いので育てていきましょう!そこで個人に影響力がつけばどんな不況も乗り越えていけます。

 

とにかく今の段階で行動すればまだ間に合います。

 

っと言う事で今回の話をまとめると

 

今日のまとめ
  • 騙されない。
  • 個人で稼ぐ力を身につける。
  • アーティストはスキルも販売できる。

っと言う事でした。

 

大不況が来る前に準備だけはしておきましょう!!

 

PS.

ちなみに僕は日本に帰ってきて半年で成功しました。そこから結婚して子供も出来て今は沖縄に住んでいるのですが、日本に帰ってきてからかれこれ5年間くらいインターネットを利用して商品(ZINの絵画や絵画教室)を販売して生活しています。

始めてからずっと収益は安定していて今ものんびり絵描きながら生活出来ています。

最近はこの大不況に備えてまた忙しく活動してますけどね!!

 

なので今からでも行動しましょう!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事