SNSで画家活動に一番効果があるものは?

 

こんばんは〜ジンジンです!^^

 

 

突然ですが皆さんSNSを上手く活用してますか?Instagram、Twitter、Facebook、などなど…

 

 

このSNSの中で絵描きやアーティストにとって最も難易度が低く、効果が高いSNSって何だかわかりますか?

 

スバリ教えましょう。

 

 

 

 

 

Twitterです。

 

 

今回はツイッター戦略についてのお話。

 

有名な人が言うから正しいは間違い

以前お渡ししたプレゼントの中の「Twitterの本質とやってはいけない事」っという登録者限定記事を公開していたのですがもうすでに読んでいただけたでしょうか?

 

 

これはかなり重要なポイントなのでお時間のある方は是非読んでおいてください。

※これは学べるアートマガジン読者さんしか読めないのでURLをどこかに貼り付けないようにしてください。

 

 

あとこの中で
「有名な人の意見に左右されないようにしましょう!」
っと言う話もしています。

 

 

 

超有名なイラストレーターの高田ゲンキさんと、さいとうなおきさんもTwitter運用に関しては意見が別れています。

 

 

高田ゲンキさん↓

イラストレーターさいとうなおきさん↓

この2つの意見は正反対ですが、これはどっちも正しいんですよ。

 

なぜなら人それぞれ考え方があるからです。

 

 

 

 

皆、有名な人の意見に影響されすぎなんですよね〜!

「有名な人が言うから絶対に正しい」

っと言う思考ほど危険なものはありません。

 

 

一番大事なのは自分の中の図太い芯を一本持ってブレずに発信し続ける事です。

 

 

誰が何を言おうとブレずに進める人はそだけで成功率がグンっと跳ね上がります。

 

 

逆にブレまくっている人ほどのびないですしファン集客も思うように進みませんからね^^;

 

 

 

あと、

「広告を使いたくない!」っという人はまずはツイッターを本気でのばすことをオススメします。

 

 

なぜなら、ツイッターは他のSNS(YouTubeやインスタグラム)よりもファン集客の難易度がはるかに低いので比較的簡単なんですよ。

(簡単と言っても考えながら研究しつつ継続できる人だけ)

 

 

それに一番利益に繋げやすい。

 

 

しかも無料。

 

 

広告を使ったファン集客に抵抗があるならツイッターを利用するのが一番だと感じます。

 

 

 

っで、結局何が言いたいのかと言うと、

 

「僕と一緒にTwitterをのばしませんか?」

 

 

っということです。

Twitterには夢がある

僕はこれまでブログをメインにセルフプロモーションをはじめて、その次にYouTubeメインでも発信してきました。

 

なのでTwitterはたまにやるくらいで絵の仕事としては全く力をいれてこなかったんですよね。

 

 

Twitterは毎日投稿も大変…

 

 

全然いいねもつかないし…

 

 

全然絵の仕事に繋がらないし…

 

 

っと思い込んでたんですが、

 

 

それは大きな間違いである事に気がついてしまいました。

 

 

だいたい僕は最初は1日に0〜2回くらいしかTwitterに投稿してきませんでしたが、

 

 

たまたまバズった時に(投稿が拡散された時に)オンライン絵画教室ZINARTに参加する人が、これまでにないくらい増加しました。

 

 

普段は一月に大体10人〜最高で20人が参加してくれます。

 

 

ただ、

そのTwitterがバズった影響からたった1日で17人の生徒さんが参加してくれました^^

 

 僕のオンライン絵画教室ZINARTは他に比べて(僕の生徒さん達も絵画教室を運営している)圧倒的に安い値段で提供しています。

 

 

「一回バズっただけでこんなに効果出るのか〜!!!」

 

っと衝撃を受けました。

 

 

 

バズった投稿で味をしめた僕はTwitterの勉強をするようになって、1日2〜3回の投稿からでも大きな収益を獲得する方法がわかりました。

 

 

 

やっぱりTwitterも戦略をねっておけばアートの仕事に大きく繋がるんですよ。

 

 

 

今はあまり難しい事を言ってもわからない人も多いかと思うので今回はTwitterの基本をサクッと説明していきます。

 

①Twitterのコンセプトを決める。

自分が何者であるのか?

どんな内容を発信をするのか?

どこのどんな人に対して発信するのか?

などなど細かな設定を決めていきます。

 

 

② 販売する商品を決める

これはそのままの意味ですね。

 

絵でもいいですし、絵画教室でもいいですし、まだ画力に自信のない人は自分でも作れそうな教材やnoteで執筆したコラムなんかでも大丈夫です。

 

 

③ Twitterアカウントのプロフィール設定

ここが最も重要なポイントです。

 

Twitterを考えながら続けていると確実にフォロワーが増えていくんですよね。

 

1日2〜3回の投稿でも十分増えていきます。

そうなると投稿したツイートが見られる回数も増えていきます。

 

すると、プロフィールを見にきてくれる人も増える事になります。

 

 

ここで相手の気持ちを揺さぶるようなプロフィールを設置しておけばフォローされる、もしくはプロフィールに貼ってあるリンクを読んでもらえるようになります。

 

 

④ クローズドな場所で連絡を取り得るものを設置

先ほどプロフィールのリンクの話を出しましたが、ここにはクローズドな場所でやりとりができるものを設置しておくと良いでしょう。

 

 

僕の場合でいうとメルマガやLINE公式ですかね。

 

メルマガについては話すと長くなりすぎるのでここでは割愛しますが、かなり重要なポイントです。

 

 

『広告戦略』に抵抗がある人はこのツイッターから伸ばしてみる事が一番難易度も低くて続けやすいと思います。

 

 

 

Twitterを本気でのばすことができれば

フォロワー1000人くらいからでも十分ファン集客も絵の仕事へのマネタイズも可能

となりますから。

 

 

 

ただ、以前から言うように、

 

 

毎日コツコツ積み上げるような継続した努力が必要なので、その苦労が向かない人は『広告戦略』から活動をスタートさせた方が良いと思います^^

 

 

 

とりあえず無料でできるのでTwitterを今すぐはじめてみてください!!

 

 

 

僕もまだまだ今ものばしている途中なのでこれから一緒に頑張りましょう〜!!!^^

 

 

 

【誰でも超簡単!Twitterの始め方】
https://www.xserver.ne.jp/blog/twitter-beginner/

 

【ジンジンのTwitterアカウント】
https://twitter.com/Ryohei_ZINART

 

 

Twitterの方でも絵で生きてくために重要な知識や情報を投稿しているのでフォローしておいてください^^

 

 

Twitter上で交流してお互いにのコツコツTwitterアカウントをのばしていきましょう!!!!!^^

 

 

 

 

PS.
なんども言いますが、ツイッターは絶対に利用していた方が良いです。

 

 

ツイッターだと誰でも無料ではじめることができますし何より一番収益と繋げやすいので。

 

 

もちろん広告を使ってファン集客して利益につなげるという戦略が一番理にかなったやり方ではあります。

 

 

 

ただ、広告だけに頼っていると見てくれる側の人はビジネスマンとして見るようになるのでアーティスト性が低くなってしまいガチなんですよね。

 

 

なのでアーティスト性の保持をするためにもツイッターは必要なんですよ。

 

 

ツイッターにセンスもカリスマ性も必要ありません。

 

 

 

どのような人でもどのような凡人でも90歳のおじいちゃんおばあちゃんでも上手に扱えば結果が出る。

 

 

Twitterにはそういったメリットがあります。

 

 

 

ツイッターの本質を見極めてちゃんとしたやり方をしてけば十分ファンを獲得できるものになります。

 

 

 

Twitterには夢がある!!

 

(追記)Twitter絵画販売で3日間の売り上げ300万超えました〜!!

Twitterで3日間限定のオンライン絵画販売をして大成功しました!!

 

絵画の売り上げが3日間で300万円超えました^^ 

やっぱり学びって大事ですね。

知識がなければ確実にこれだけの成功を収めていなかったでしょう。

 

 

これまで数百万を知識に投資してきたかいがありました!!!

 

 

知識って目に見えないのでほとんどの人が重要度を低くとらえてますが、現実的に考えてみると知識がないと上手くいかない事の方が多いんですよね。

 

 

今回のTwitterオンライン絵画販売から

「知識をつけるための自己投資はめちゃくちゃ大事!!」

っという事を改めて痛感させられたね〜!!!

 

 

「Twitterオンラインの戦略では何をしたのか?」は今後、学べるアートマガジンの方でお伝えしていきますね〜!!

 

5秒で終わる質問

※しっかり読んでくださる方にだけマガジンを送りたいので、質問に回答がない方はマガジン配信を停止する可能性があります。

LINEにそのまま返信する形でも問題なく僕に届きますのでお気軽にご連絡ください。

 

質問

過去に人の意見に流されて失敗してしまったエピソードがあれば教えてください。

※LINEの名前を間違えたり、違う名前を記入すると返信はできません。(検索してもヒットしないので)