こんちゃーす画家プロデューサーのジンジンです!

日本で画家ZiNのプロデュース業をしてもうかれこれ4年が経過しまいた。

それからずっと日本でも安定的な生活をし続けていて今も沖縄で気楽に生活しています。

僕はこの4年間絵で生活していくためには何が必要か?

っという事をずっと伝え続けているんですけど、その中でかなり多い質問が

生徒さん
どうすれば絵が売れるようになりますか?

 

っという同じ質問を何万通も頂きました。

なので今回はそんな疑問にお答えしようと思います。

絵の才能も売れるんだぞ!

絵で稼ぐ=絵を売る

っと言う発想に多くの人がなりがちなのですが何もそれだけが絵で生活する方法ではない事にいい加減気づいた方が良いですね。

実際画家ZiNは絵も販売していますが、違う方向から見たビジネスモデルでも収益をあげています。それは何かと言うと

絵という才能を販売する

っと言う事です。

具体的に言うと僕の場合では絵画教室ZiNARTですよね〜。


 これはZiNの方のブログから参加する事ができますが近いうちにガカプロからでも参加できるようにしておこうと思います^^

こんな話をすると

相談者Aさん
自分には人に教えれるほどの画力もスキルもないから…

 

っと言う人もいるんですけどそうではないんですよね〜!

 

そもそも自分でもそう思う絵を描いているのに「どうしたら売れますか?」って質問自体ナンセンスですよ。それって英語話せないんですけど英語教師になれますか?って質問と同じレベルだと思うんですよね。

 

英語勉強しましょう。

画力がなければ練習して圧倒的に上手くなってしまいましょう。

絵画教室ZiNARTは素人向けの絵画教室なので、完全に生徒さん達の画力は上がっています。今もしも画力に自信がない人は参加してみてください。

ちなみにこちらが絵画教室の生徒さんの作品です。ZiNが教えるとこんな絵も描けてしまうんですよね。凄い!さすがZiN先生!

つまりですね。画力も人に教える能力もないならまずは実力をつけて自信たっぷりになりましょうと言う事です。絵を売るうんぬんの話はそこからですね。絵に関してはナルシストでもいいのでとにかく自信を確保しましょう。

ちなみに自信を確保する方法は意外と簡単で直にお客さんの反応を見て感じて研究すると言う事ですね。後はやっぱり海外ですよね。海外で修行してお客さんの反応をダイレクトに感じてみると言う事です。

あと参考記事を貼っておきますね〜!

絵×〇〇の融合の発信も効果あるよ

あと新しいアートを作ってそれを販売してもいいと思います。例えば最近で言えば海外から入ってきたリバーテーブルの販売とかですね。

リバーテーブルって何?っと思う人も多いと思うので簡単に説明するとこんな感じのエポキシレジン樹脂を利用したテーブルです。

ん?

絵じゃないじゃん?

っと思いました?思いましたよね?

 

違うと思うなら実はそこにあなたが飛躍するチャンスが転がっている可能性があるんですよね〜!だって誰もやってない事なんですからまだその市場は穴場と言う事になるわけです。

つまり

リバーテーブル×絵

この二つを組み合わせればいいんですよね。他にも考えれば色々と組み合わせって実は無数に転がっているですよね〜。

僕は日本での活動を始めた当初は旅×絵のスタイルで組み合わせてきましたが、沖縄にきてからは沖縄×絵なんかも組み合わせて発信してきました。

こうして重複キーワードを狙ってネット上でコアなファンの方に向けて発信していく事も可能です。

 

が…やっぱりこの方法でも先ほど話した画力(実力)が必要になってきますし、圧倒的なマーケティング能力や発信スキルも必要です。まぁ何をするにしろとにもかくにも鬼努力ですよね。

っと言う事でこの方法でいくならまずは画力や表現力をつけてから発信力も磨いていきましょう。

 

リバーテーブルは僕自身もZiNにとってもまだまだ未開拓な代物なのでどうなるかわかりませんが楽しみながら作っていこうと思います。

まだやってないのに戦略言っちゃった…すぐ作らないといけないですね〜。まぁこれも第一人者になって皆真似するようになるでしょうね。

絵売ろうとしすぎて売れない人。

絵を売ろうとする人ってやっぱり絵逆に売らなくなる傾向にありますよね。

例えば一昔前までは大阪でも東京でも洋服屋の店員のキャッチみたいなんあったじゃないですか?(今は法律で規制されてなくなった)

服屋の店員
何探してるの〜?スボン?どんなのがいい?

とりあえず服やけど〜

服屋の店員
今新しいの入ってそれめちゃくちゃおしゃれだよ!ちょっと見て!

 

みたいな流れでお店に連れてかれて後は弾丸トークで結局服買うみたいな。

 

あれうっとおしくなかったですか?

 

絵を買って買ってという欲望ってそれと同じ何ですよね〜!

やっぱり人間心理からすると買いたくなくなるんですよ。まぁ誰しも絵で生活したいと思えばそうなる気持ちもわかりますが、一旦落ち着きましょう。

 

 

落ち着いたらとにかく今絵で生活しているアーティストに注目して見ましょう。

 

 

っと言うのも僕の尊敬する画家やアーティスト、イラストレーターってもう間違いなく世の中に貢献する事や人の為になる事を第一として考えているんですよね〜!

SAUDAさん、AYUMIさん、Yoichirouさん、富永ボンドさんなどなど。

この方達の話をすると長くなるので違う記事で話しますが、つまりシンプルに言うとですね

絵を売る事を考える前に与える精神(GIVE)を持とうぜ!

っという事です。

 

これは相手にまずは喜んでもらう、無料でその価値を伝えると言う事もGIVE精神になりますよね。

 

例えば

ポストカードなんかは配ってしまった方がいいです。完全に。

だって1枚100円〜300百円が1日で5枚売れたとしてもたった1000円〜3000千円ですよ?それを30日間続けてもしも売れれば3万円〜9万円ですけど…

これってめちゃくちゃ順調に売れた最高パターンの場合だけですよね?しかも地方に送る場合、送料も必要になるのでコストもかかります。そういった販売できる場所に1ヶ月丸々いるのならまだましですけど、それでもやっぱり生活するとなるとそう簡単に物事は進みません。

それなら広告費としてポストカードを配ってその代わりにSNSで拡散してもらう方が遥かにお得です。

 ポストカード無料で配る方法で僕は確実にリピーターになってくれるお客さんをつくる方法を知っていますが、それを話すと長くなりすぎるのでまた別の機会にお話しさせていただきます。

 

 

僕は微力ながら時代の流れだとか今やって置くべき事だとか知識を提供してます。上の方々に比べるとまだまだですけど、やっぱり事実に目を背けて活動している人が多いのでそうなると全部上手くいかなくて病んでしまうんですよね。

っとなるとやっぱりここは僕が知識を伝えて貢献していかないとっと思ってこの画家プロデューサーの仕事をしてきたわけですね〜!

 

時代が見えていない人達や自分で考える力を持ってない人達から批判される事もありましたけど、まぁ実際、僕に相談して絵で生きて行けるようになった人沢山いますから貢献はできている自信はありますよ。

ちなみに「アクリル絵具 描き方」でgoogleで調べると僕の生徒さん達のブログが検索結果に表示されます。皆成功していますからね〜。

お互いに幸せになれる仕組みがベスト!

やっぱり結果的にお互いに幸せになれるような考え方をしている人って上手くいって絵も売れてしまってますよね〜。

 

平和を訴えたり、困っている人の援助、社会貢献などなどこうした本気の優しい取り組みが共感を呼ぶ人ほど絵は売れやすくなります。っと言うか買いたいと言う人が勝手に増えてきます。

 

先ほどの絵画教室ZiNARTの話を例に出すと

生徒さんは100%画力が上がる(GIVE)

僕はそれと引き換えにお代金を頂く(take)

このようなWINWINの関係性が生まれて相乗効果が生まれるんですよね。

これって絵を売ると言うことだけではなくて他の企業やビジネスに関しても言えることですね。

今の時代は与えて信頼を得てそれが対価になって帰ってくる時代ですからね。

仕組みについてはこちらが参考になるのでどうぞ

 

 

PS.

ちなみに巷の絵画教室に比べて絵画教室ZiNARTはびっくりするほど格安です。お金を取るのは本気度の人を集めたいからです。(本気で学びにくる人だけの相手をしたいからです)

素人から自信をつけて絵を学びたい人は是非参加して見てください。100%上達するので^^

それでは今日はこの辺で!

絵を仕事にする。アートで人を魅了する。それがあなたの夢ならば、まずはジンジンに相談してみてください。必ず答えが見つかります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事