こんちは〜ジンジンです!

近年海外でライブペイントがしたいという人が増て来ました。

ZiNも毎年ハワイでライブペイントをしているんですけど予想以上に多くの仕事が入って来ます。ZiNのようにハワイでライブペイントをしたいと思っても一番気になるところが

 

「どのくらいの費用がかかるのか?」

っという事ではないでしょうか?

 

今回はハワイライブペイントに使った費用を簡単に説明しますね〜!

ただし !これは使いすぎです!

僕(ジンジン)の仕事はイベント企画と出費費用の計算なのですが、この時は一切節約する事なくZiNのライブペイント企画を進めてしまいました。

後になって気づいたのですが…

もっと節約出来た〜!っというのが本音ですね。

効率良くライブペイントをするために必要な物

これは2017年〜2018年にかけての費用なのですが、初期投資として必要なものがいくつかありました。

必要だと思ったもの

MAC book pro 163,800円

動画編集ソフト8,576円

 

ドローン169,800円

DJIOSMOモバイル36,160円

防水ヘッドホン13,490円

MarkRydenカバン4,299円

いかに効率よくライブペイントを成功させるかを考えた時にライブペイントの動画を撮影して世の中に発信する事が一番なんじゃないかと思い、動画撮影や編集に関するものを一気に購入しました。(まぁヘッドホンとカバンは必要なかったかもしれませんが。笑)

 

これだけで総額396,125円かかりましたけど効果は絶大で余裕で初期投資の費用を取り返して利益を出す事ができました。

皆さんの場合はそれぞれやり方があると思うので別にここは真似しなくてもいいと思います。

例えばiPhoneを固定して撮影するだけでもいいと思いますし、それを無料の動画編集ソフトを利用してライブペイントの様子を撮影するだけでも効果があると思いますよ〜!!

僕の場合はやるならとことんやるタイプなのでここまで費用がかかってしまっただけであって、ここまで費用をかける必要はないのかなと思いますので。

航空券、ホテル、食費17日間の費用!

まず最初に往復航空券の費用ですはですが、僕はかなり大きなキャンパス(木のパネル2つ)を飛行機の受託手荷物として付けました。

この正方形のキャンパス1つのサイズがS50(1167×1167)で受託手荷物は319㎝以内のものなら預けられるので2枚を重ねて預ける事ができました。

利用した航空会社はAIRasiaで料金は往復で67,290円かかりました。

 

 

続いてホテルの宿泊費ですが、クリスマスから正月明けの10日までライブペイントをする場所の近くに滞在したかったので立地の良いアストンワイキキビーチホテル宿泊する事にしました。

ちなみにZiNは基本的にこの場所付近の芝生の上でライブペイントをしています。

宿泊費はクリスマスから正月明けの9日までの合計16日間(17日目にチャックアウト)の合計で348,351円…

これは今思えばお金をかけすぎましたね。汗

 

 

続いて食費ですが…

これね〜やってしまいましたね…

 

ハワイライブペイントに遊びに来てくれた生徒さんや友達をレストラン連れて行ったりしていたのでかなり費用がかかってしまいました。

ハワイは普通の居酒屋でもチップをプラス払う必要があるので日本よりも余分にお金がかかります。1人で行ったとしてもだいたい安く見積もって4千円は超えてしまうでしょう。(ビール4杯とご飯で)

 

少し高めのレストランだと一回の食事で2万円は飛んでしまいます。

一度4人で高級ステーキ店に行った時は10万円飛びました。苦笑

 

 

こんな生活を17日間も続けていたので食費の合計が308,516円となってしまいましたね〜。

 

 

もうこんな生活しないと誓います。ちょっと頭おかしくなってましたね。

ハワイにバカンス感を強烈に感じてしまって財布の紐がユルユルになっていたと反省しております。苦笑

 

っと言うわけでハワイライブペイント2018に掛かった費用のトータルは…

総額1,120,282円

 

お金かけすぎた〜!!汗

 

 

もっと安く済まそうと思えば済ます事ができます。

次回2019年のハワイライブペイントは節約をテーマに発信して行こうと思います!^^

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事