日本ではまだ画家として生活するのが困難な状態ですよね。

この先どう活動していけば生活出来るようになるのか不安と言う人も多いと思います。

 

結論から言うと

実はその不安も画家活動の一つとして利用出来るので全く問題ありませんよ!

 

実際、僕はその不安を利用して海外で5年間、日本で5年以上画家として生活してきましたからね〜!

 

不安は生きていく上で最強の武器になり得るんですよ。

今回はその不安を利用して人生を攻略して行く思考法をお伝えしていきますね〜!

不安を利用する極意

様々な不安

画家になるという目標に到達できるのか?

絵を仕事にする夢は叶うのか?

将来どう生きていくのか?

人間関係でどうなるんだろう?

こんな不安を抱えながら日々暮らしてる人って世の中に溢れかえっていますよね。これから日本経済は衰退していくので、それに比例して不安を抱えながら生きる人の数も増幅していくと予想しています。

 

これね〜めちゃくちゃしんどいですよね。

 

今でこそ僕も画家の仕事をして余裕のある生活をしていますが、20歳前半だった頃の僕も画家として生活出来るようになるのか不安で泣いてた時期もありました。全否定されてお先真っ暗なって銭湯でビール飲みながら泣いてた時とかもありましたからね。

 

 

でもね大丈夫なんですよ。

不安の捉え方で人は変わってきますから。

 

そもそも
不安ってとろうとしてもとれないんですよね。取り除こうとすると余計その事を考えてしまって不安が増幅してしまうものなんですよ。

 

 

じゃあどうすれば良いのか?

 

っと言うと不安をとるんじゃなくて上手く利用するんですよ。

 

皆さん「不安」って言葉を聞くとネガティブな印象を受けると思うんですけど実はそうでもないんですよね。

不安を感じていると言う事は結果に向けて着実に準備しようとしてる、もしくは準備してる最中なんですよ。

 

 

自分の思う道に向けて行動しようとしている証しなんですよね。

不安は準備しているサイン

「そんな事ない!不安で仕方ないから行動できないんだ!」っと思う人もいるかもしれないですけど、そう思う人ってその人の脳みそが不安の苦痛から守ろうとするんですよね。

 

不安を理由にして行動しない事を正当化しようと脳みそが働きかけてるんですよね。

 

 

脳みそはご主人様を苦しみから守ろうしますからね。

その事に気づいてない人が多いんですよね。

 

 

でももう大丈夫です。

 

これは意識の問題ですからね〜!!

 

ご主人様が気づいたら脳みそも理解してくれますから。

 

まぁちょっと話ずれましたけど不安はネガティブなものではないんですよ。

これを勘違いしてネガティブなものだと思いすぎると行動できなくなると言う悪循環の領域に入ります。

悪循環に陥る前に不安って言葉の意味を自分の中で変えるといいですよ!
「準備しようとしている、あるいは準備中」っと言う意味にしてしまうんですよ。

 

まだ準備も何もしてない人なら「あ〜自分は準備しようとしてるから不安に感じてるんだ〜」っと気付けたらもうそこから行動するだけですからね。

 

今すでに行動に移してる人は一歩進んでいる段階なのでなお良いです。

 

 

ただこの話をすると少数ではありますけど

「あ、自分は不安に感じてるから大丈夫なんだ。だったらこのままのんびり過ごそう」

っと楽な道に進もうとする人も中にはいるんですけど、それだと何も変わらないのでよろしくはないですよ。

 

 

そうってしまうと

「準備期間という意味合いの段階の不安」だったのに

そのまま

「完全ネガティブな領域の不安」

に入ってしまいますから注意が必要ですよ!

そうなると脳みそが守ろうとしてしまって行動すらも出来なくなるのでそこは気をつけましょう。

 

 

とにかく、不安を感じてる時点でもう準備はできてるわけですよね〜。

っでそこからなんですけど、次のステップにいきましょう。

これまでやって来た事に目を向ける

それでは「何をどうすれば良いのか」っと言うと

ノートにこれまでその目標のためにやってきた事と今からやるべき事トップ5をずらっと書いていくんです。もしも、まだ何もしてないのならこれからやるべき事トップ5だけでもいいです。その人はこれからスタートできますからね。

このノートに書くって行為がかなり重要なんですよね。

 

まぁそれは後で話しますけどとりあえずノートに書いて自分の今まで出来たことを確認する。そしてこれからその必要な事を書くあと出来れば全く違う環境に行ってノートに書き写すのがいいですよ〜!!

  1. 環境を変える
  2. やってきた事を書く
  3. 必要なやるべき事を書く

この3つかなりオススメなんですけどこれするだけでめっちゃ楽になりますよ。
実際これめっちゃ効果ありましたからね。

っと言うのも実は昔、不安に押しつぶされそうになった時があったんですよ。

 

僕は18歳の頃に35歳までの画家人生計画表を書いていました。っが、その計画に「絵関連の就職」というものがあったんですよね。しかし、計画通りにはいきませんでした。

かなり落ち込みましたね。だってアクリル画家の就職先なんてないんですから。

 

仕方がないので一応就職活動はしたんですけど、全滅…

心底落ち込んで沖縄に逃亡しました。とりあえず最初は何も先の事は考えずに島の人と触れ合いながら生活していたんですよね〜!

ある程度リフレッシュした時によっしゃ「そろそろ考えよか」ってなったんですよね。

海の前で人生計画表を開いてとりあえず今まで出来た事に丸をしたんですよ。

 

そしたら意外と自分が出来てる事って多かったって再確認できたんですよね〜!

出来た事の範囲ですが細かい事から大きい事まで全てですよ。

例えば

○毎日バイトしながら学校ちゃんと行けた。
○1日何時間も絵描いたとか道具の使い方わかった。
○誰それと仲良くなった。

このように、その目標に少しでも関係して入ることは全て丸をつけてたら大量に丸があったんですよ。

 

やっぱり頭だけで今まで何やってきたのか?っという事を考えるだけだと記憶がボヤっとしています。頭の中だけだと一つ一つしか思い浮かべる事しか出来ないので全然出来ていないと思いがちなわけですね〜!

 

それを視覚で確認すると結構やってきた事がある事に気づきました。

それだけでもなんか勇気が湧いてくるんですよ。これまで出来た事もあるしこれをどう活かそうかって思考になるんですよね〜!

 

そして次に今現在(その当時の)つまずいてる事に×をしたんですよ。

×絵関連の就職
×就職先で絵で稼ぐとはどのような事なのか勉強する。
×勉強してから海外へ旅する

こんな感じですね。

 

 

その時に考えたのが、「次のステップ(海外につながるような道)に進む方法って何があるかな?」

っと考えて色々書き出したんですよね。

まず生活するのにお金が必要なのでバイト。でも、その時間ももったいないから時間を有意義に使える学べるバイトが良い。

今何が必要なのか?何を学ぶのか?

認知してもらう事が必要
絵のHP作成が必要。
HP作成のやり方を学ぶ。

WEB会社でバイト
HP完成させてとにかく仕事をゲット
お金も溜まる
海外進出

っとざっくりですがこのような感じで一度書き出しました。

こう考えると「別に就職する必要なんてない!!」っと思えたんですよね。めっちゃくちゃ心が軽くなりました。

 

 

そして大阪に戻ってWEB会社でバイトしながらそこで勉強しながら自分のHP隠れて作っていたんですけど、その時にグラフィックデザインも楽しくなってきて、これからの人生計画に必要だっと思ったんで勉強したんですよ。

 

そして、HPが完成したのでWEB会社を辞めたのですが、絵の仕事は全然上手くいきませんでした。

でも、そのWEB会社でグラフィックもちょこっと勉強で出来たので、これを独学で猛勉強して、そのグラフィックデザインのポートフォリオを持ってクラブやイベント会社へ営業しに何十件も駆け回りました。

 

この時に気づいたのですが、絵やアートで生活出来ない人は確実に営業まわりをしていない事が大きな原因の一つでもあると思います。

 

僕は営業を何十件も回ったおかげでグラフィックの仕事もらえるようになり、お金も貯まってきました。

 

そしてある程度、グラフィックの仕事が順調に進んできた時にグラフィックから絵の仕事に変更したんですよね〜!

 

すると営業周りをしていたクライアントさんが

「絵の方がいいじゃん!!」

「これからこっちのデザインんで仕事してよ!」

っという話になり、そこで初めて絵の仕事も多少増えてきたんですよね。

 

そしてそこから、オーストラリアのクライアントさんと繋がって初めて大作を販売出来るようになりました。

全てはグラフィックデザインの営業周りから始まったわけですね〜!!

 

なので「絵で生きる!!」っと考え方に固執するのではなくて、少し遠回りですけど他の道からでも絵の方に持っていけるという事です。

 

こうなるともう不安もなくなりましたね。

「何をすれば良いのか?」を導き出したので。

 

そこから、少しではありますがお金貯めて「海外画家修行の旅」の最初の人生計画表に戻れたんですよ。

 

 

なので僕のオススメとしては、

不安で仕方ないって場合は一度逃げて大きな視点から見直す。

そこで計画を練り直して再出発をする。

今やるべき事が明確になってそれに没頭してる時って不安すら感じることもなくなるんですよね。

 

 

そして、一番楽な考え方が失敗するのが当たり前という事を前提として行動するって事ですね。

 

いろんなパターンで何回も何回も仕掛けて成功するのは1回2回。これが当たればそこ集中的に進めれば良い。

 

それが次のステップにつながってたらいいじゃないですか?

 

 

 

プライド高いとそれだけでしか進まないんだ〜!!ってなって結果そこで進展のないまま時間が流れてまた不安がきてしまいますからね。なので僕もプライドを捨ててグラフィックデザイナーをしたんですよ。

 

まぁ正直グラフィックデザイナーの仕事は楽しかったし、そこの繋がりで今もお付き合いのあるクライアントさんと出会えましたからね。無駄なことなんて一つもないんですよね。

 

 

っと言う事で不安を利用にする流れをまとめると

今日のまとめ
  • 逃げる(環境を変える)
  • 自分のできたことを確認する
  • 人生戦略の見直し。(何が足りないのか分析)
  • 今すべき事を書き出す。
  • それを得るために没頭する。
  • 失敗する事は当たり前と言う前提

漠然と未来だけを見てると不安が増幅しますよ。

よく「今を生きろ!」って言うじゃないですか?

ガンジーも言ってますよね。

明日死ぬかのように生きなさい。

永遠に生きるかのように学びなさい。

 

これって「今を生きろ!今やるべきことに集中しろ!」

 

って事だと僕は思うんですよ。

 

数年経ってわかった事なんですけど今落ち込んだ事があるとするじゃないですか?

 

それも後々武器にすることができるんですよね〜!!

 

さっき僕も「泣くほど落ち込んだ時があった」ってあなたに話せたじゃないですか?

 

これって話のネタにもなってるんですよ。

その他にも僕も死のうかなっと思ってた時期もありましたし、不謹慎かもしれないですけど弟がバイク事故で亡くなった事すらも生きる糧に使ってるんですよ。

落ち込んだ出来事や経験は後々自分の武器になる。

こう考えると不安が希望になりますね。

落ち込んだ事も嬉しかった事も怒った事も楽しかった事も全部含めてあなたの人生ですから。

 

全て経験値を発信する事で武器にできるわけですね。

不安を不安と捉えると何も変わりませんからこうした思考法を持つと後で利用できるんだと思えるので是非試してみてください。

絵を仕事にする。アートで人を魅了する。それがあなたの夢ならば、まずはジンジンに相談してみてください。必ず答えが見つかります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事