ZiNの代表作「トンボ」はアクリル絵具を使ってトータル時間57時間の時間を費やして描かれた作品。

 

ネット上でトンボの描き方やトンボの絵について調べたが、それほど緻密に描かれたものがなかったので今回はトンボのアクリル絵具での描き方を最初から完成までの制作過程と共にお見せしていこうと思う。

 

特に羽の部分を緻密に描いている人が日本でも海外でも一人もいなかったのでこのタッチで描いているのは僕(ZiN)だけなのかなと思う。ちなみにこれは日本でもトップのダーツプレイヤーからの依頼作品でダーツの世界ではトンボは勝利の象徴らしい。木の部分(ドリームキャッチャー)もかなり細かく仕上げる事ができた。

それでは0からの緻密なトンボ絵画作品が出来上がるまでの過程をどうぞ。

僕は7作品くらいを同時進行で描き進めているので日数だけで言えば6ヶ月もかかってしまったが、トータルで言えば57時間程度で描き上げている。

個展のお知らせはジンジン(画家プロデューサー)のLINEでお知らせする。

 

ちなみに沖縄に遊びに来て頂ければ晴れの日は毎日ビーチで絵を描いているので気軽に連絡して遊びに来て欲しい。

 

沖縄の海の前で一緒にのんびりしながら絵を描いてお話をするのが僕の生きがいなので。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事