「日本を出て海外で絵で勝負したい!!」

「憧れだった海外生活もしてみたいし行ってみるか!!」

っという事で僕はオーストラリアへ画家修行の旅に出発した。

 

最初はうまくいかない事だらけだったが、必死に活動していく中で絵の依頼を頂いて貯金もできて車を購入したり、好きなものを好きな時に食べたり、とにかくお金に困る事がなくなるまで成長する事ができた。

 

今回はそんなオーストラリアの旅の中で頂いた絵画依頼作品を紹介して行こうと思う。

全ては公園で絵を描くところからスタートした。

当時の僕は全く英語も話せなかったのでホテルにすら自力で泊まる事が出来なかったし、友達もいなくて海外に何のコネもなかったし画家旅の情報も当時は一切なかったので本当に孤独だった。

 

何をどうすれば良いのかわからなかったので、とりあえず公園で絵を描く所からスタートさせたのだが、そこからの僕の人生は大きくうねるように変化していく事になる。

 

この当時は僕も駆け出しの画家で画力もまだまだ成長過程だったので

ZiN
今の自分の作品と比べるとかなり成長したな〜。頑張ったんだな〜僕。

 

っと自分で自分を褒めてあげたい。笑

 

ちなみに今の作品はこちら

パロネラパーク依頼の作品。

公園で絵を描いていると本当に色んな人に話しかけられるようになった。その中で日本人専用のツアー会社で働いている方々の間で「公園で凄い絵を描く日本人がいる」と噂になり、わざわざ公園まで見に来てくれた事があった。

 

そして「ZINにパロネラパークを見せたらどうなるかツアー」をしてくれる流れとなった。

 ちなみにパロネラパークとはジブリの天空の城ラピュタのモデルとなったと言われている観光地の事

 

 

すでにパロネラパークのオーナーに僕の事を紹介してくれていて、そこでパロネラパークをモデルとした絵を描くお仕事を頂く事になった。

これがオーストラリア画家旅の一番最初に頂いた仕事である。

今見ても絵の中に初々しさが残っている。

オーナーも気に入ってもらえたようで僕自身にとってもかなり良い経験をする事ができた。

愛理さんの仕事。

実はオーストラリアの旅に出発する前に大きな仕事をしていた。

日本でまだ絵で食べて行けていない時期に依頼を頂いたオーストラリア在住の愛理さんから絵を気に入って頂き、仕事をもらっていた。

そんな愛理さんにオーストラリアで直接お会いした時に公園で練習として描いた1回目の作品を譲って欲しいと言われたのでこの作品も愛理さんの元へいく事になった。

練習用なので名前も未だについていない。

海外ではバスキングがメインの仕事になった。

今でこそオーストラリアでは絵のバスキングをよく目にするようになったが、僕が行った当時は誰もライブペイントのバスキングをしていなかったので本当に苦労した。

最初は何をどうすればいいのかもわからず、ただただ描いているだけだったのであまり稼げなかったが、お金もなくなって生活がかかっていたので僕もかなり必死になっていた。

 

そんな苦労もあってバスキングでお金を稼ぐ額が増えたり、そこで依頼を頂いたりして月に20万円ほどは稼げるようになった。

人間追い詰められれば何でも出来るようになるものである。

3.11ニュークリアパワーの依頼

当時、バスキングをしている大抵の人は音楽系の人ばかりだったので絵のバスキングをしている僕が珍しかったのか街を歩いているだけで声をかけられる事が多くなっていた。

口コミで絵の依頼も頂いたりしたり、「お前絵描いてた奴だな!!ディナー行こうぜ!」っと食事に誘われたり…

 

そんな中で出会ったのがハーシャというインド人でオーストラリアの永住権を持って暮らしている。

 

そんな彼は世界をより良いものにしようと世界から原発をなくす活動にも力を入れており、バイロンベイで大きな原発反対運動を行う際のイベントポスターデザインの依頼を頼まれた。

かなり大きなイベントだったので新聞にも取り上げられる事となった。そしてこのハーシャとの出会いがきっかけで次々と依頼が舞い込む事になる。

ブラジルで有名なサウンドクリエイターからの依頼

ハーシャから依頼を頂いてから毎日ハーシャが滞在しているシェアハウスに入り浸っていた。

そこで出会ったのがブラジルで有名なサウンドクリエイターのリーフ。

 

彼から「今度アルバムを出すのでジェケットデザインを描いて欲しい」と依頼されて描いた作品がこちら。

この作品を見せると「もっと化石に近い壁に埋め込んだようなデザインにして欲しい」と修正をお願いしてきた。その後に完成したのがこちらの作品だ。個人的には最初の色合いの方が好きだったのだが、アルバムのイメージに合わせるとこちらの方が良いらしい。

 

リーフも飛び跳ねながら子供のように喜んでいる姿を見て僕も嬉しかったのでこれはこれで良いのかもしれない。

海外で一番効率の良い仕事は?

この作品も一応練習用に描いた作品だが旅中に日本のクライアントさんから購入したいと連絡が来たので売ってしまってすでに手元には残っていない。

 

「まだまだ画力が足りない自分のような駆け出しの画家の絵でも購入してくれる人もいるんだ」

 

と自信にもなったしこれから絵で生きていけると確信する事ができる旅だった。

 

 

これまで様々な作品を販売してきたが、今日本では複製画しか販売していない。(原画を売ってしまうと個展が出来なくなってしまうので)

僕の作品は一つ一つ丁寧に仕上げて行くのでかなり時間がかかる。

 

そう考えると海外のバスキングが一番効率の良い稼ぎ方だったのかなと思う。

絵を描いているだけで(絵を売らなくても)そのパフォーマンスに対してチップを払ってくれるのでそれだけでもかなり稼げるので。

 

それにこの方法だとお金を稼ぎながら原画もどんどんたまっていく事になり後で絵が描き溜まったら個展も自由にする事ができる。

 

ただこの当時の僕にはこのような考え方はなかったので依頼されれば描いて原画を売ってしまってここで見せた作品全て手元に残っていない。苦笑

 

現在は沖縄でのんびり暮らしながらビーチで絵を描いているので是非遊びにきて欲しいと思う。

たまに沖縄に来たのはいいが、緊張して僕に連絡する勇気が持てずにそのまま帰ってしまう人もいたりした。緊張しなくても全然良いのでどんどん連絡して欲しい。

 

連絡は下の「ジンジンに連絡」からジンジンにコンタクトをとって欲しいと思う。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事